LOGO
トップ 看護師について 特集2
医師について 特集 歯科医の選び方


はじめに

おたくの病気はきっと完治しませんが、とりあえずお薬だけは、出しておきますね」
・・・
そんな風に医師から言われてしまったら、あなたはどうしますか?  


こんなことを言うと怒られてしまうかもしれませんが、そんな医師の元で治療を続けていて、あなたは自分の病気が治るような気がしますか?

たとえ過去に、とてもお世話になったことがあったとしても、その時ばかりは義理や人情も関係なく、他の病院に行くべきだと思います。

そもそも、治らないと思っている医師の側にいて、絶対に治る!という期待や将来に対する明るい希望を持つことができるでしょうか?

以心伝心のような、心と心は言葉を交わさなくても波動で交流(エネルギー交換)をお互いにしています。つまり、治らないと断言するその医師の側にいるということは、その医師の否定的なマイナスエネルギーを直接受けてしまうことになるのです。

あなたが心の底から病気を治したい!と思うのなら、きっと治る!と言うような気持ちにさせてくれる医師や、東洋医学の先生など・・・できる限り、明るい方向へあなたを運んでくれそうな雰囲気の医師のそばへ行くことが何より大切でしょう。

昔から「病は気から」と言われていますが、治らないというイメージを与えられていては、まず問題を解決することは困難なのではないでしょうか?

仮にその医師がとても有名な医師であっても、権威ある医師であっても、患者に「自分の病気は治らないだろう」と感じさせてしまう医師からは、あなたの体が回復するのに欠かせないプラスのエネルギーを受け取ることは不可能なのです。

反対に「絶対に治りません!」と断定的・否定的なマイナスエネルギーを心身が受け取ってしまう危険性が出てくるのです。

病気を改善するために一番大切なことは、まず、自分の病気が治るような気持ちにさせてくれる医師や看護士のいる病院とお付き合いをすることです。

また、大変な病気や怪我を克服し、命を救ってもらった医師や看護師を自分も目指したいと思う人もいると思います。それはとても素晴らしいことです。実

おすすめWEBサイト 5選

シルバーアクセサリーのオーダーメイド
http://d-road-silver.com/